スポーツ鍼灸師としてのこれから

00007389photo
スポーツ鍼灸師とは、スポーツに特化したはり師・きゅう師の資格を保有している方のことを指します。
実際、鍼灸師としてのこれからはどうなっていくのでしょうか。
なかなかその実態を把握しづらい職業ですが、今回はスポーツ鍼灸師をクローズアップをして見ていきたいと思います。

スポーツ鍼灸師の現状

最近、鍼灸の可能性に注目が集まり、薬を飲んで症状を抑えるというやり方ではなく、自然治癒力を高めるということで、人気が高まっています。
東洋医学に分類される鍼灸では、副作用が少なく、原因不明の症状やアレルギーなどの症状改善できるとして、海外でも注目され多くの事例に取り入れるケースがあります。
特に、スポーツの分野で試合後や怪我の後の機能回復に取り入れていることが多くなってきました。

スポーツ鍼灸師の展望

鍼灸のイメージが変わりつつあり、最近では若い方達にも人気の医療方法となってきています。
安全で副作用の少ない方法で効果が出るため、スポーツの領域で活用されるようになってきました。
そのため、鍼灸の資格とスポーツの知識を持つ人が、プロスポーツ選手のリハビリ、機能回復の治療に携わることで、スポーツ業界で活躍している鍼灸師が増えています。
鍼灸をはじめとする東洋医学は、現代医学と比較して馴染みがないものなので、鍼灸師はチャンスのある仕事であると言えます。

まとめ

スポーツ鍼灸師は、名前の通りスポーツに特化した鍼灸師です。
薬を使用して症状を抑える西洋医学をとは違い、副作用が少なく安全性が高いことから若者から人気が集まっています。
さらに、若者だけではなくスポーツ業界も鍼灸に注目しているのです。
試合後や怪我のケアに鍼灸を取り入れるプロスポーツ選手やプロスポーツチームが増えています。
これから、鍼灸に注目する方やチームが増えてくるので、スポーツ鍼灸師は注目すべき仕事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする