スポーツ鍼灸師の働き方

DKt9epeU8AA8T55鍼灸師の活躍の場は非常に広がっており、医療現場のみならずスポーツ業界にも鍼灸師のニーズが増えてきています。
実際、最近では安全で副作用が少ないということで、鍼灸が注目を浴びるようになってきました。鍼灸の価値が見直されているいま、鍼灸師としての働き方はどのようなものなのかを見ていきましょう。

スポーツ鍼灸師の活躍の場

スポーツ鍼灸師として活躍している方は、プロスポーツチームや社会人スポーツチームなどで専属トレーナーになったり、フリーランスでスポーツトレーナーとして仕事をしている方が多く存在しています。
さらに、スポーツ現場でのトレーナーの派遣サービスを手がける治療院で働いている鍼灸師もいます。
このように、スポーツ鍼灸師として活躍する場は多岐にわたり、求人自体は少ないものの確実に需要がある仕事です。
スポーツに特化した鍼灸師になるためには、はり師・きゅう師の国家資格はもちろん、スポーツに関する知識を蓄えなければなりません。
資格として、「柔道整復師」や「アスレティックトレーナー」の資格を持っている方が多く、スポーツの分野で鍼灸師として活躍したいのであれば、これらの資格を持っていると良いでしょう

海外での活躍の場

スポーツ鍼灸師として海外で活躍することは十分に可能なのですが、日本で取得したはり師・きゅう師の資格は日本国内でしか有効ではありません。
そのため、海外で鍼灸師として働くのは難しいものです。
しかし、必要としている方は多く、鍼灸師としての需要は高いと言えます。
国や地域によって、別の資格が必要になるため、活躍したい国でのルールを確認してみましょう

まとめ

スポーツ鍼灸師が活躍する場は非常に多岐にわたり、需要が高まっています。
プロのスポーツチームの専属として働く方もいれば、派遣サービスとして働く方もいます。
さらには、海外で鍼灸師として活躍している方もいらっしゃいます。
スポーツ鍼灸師として活躍するためには、はりやきゅうの知識のみならずスポーツに関する知識も要されます。
そのため、大変な仕事でもありますが、それ以上に携わった選手が試合でベストパフォーマンスを発揮する姿を見ると、非常にやりがいを感じる瞬間でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする